カテゴリ:本( 1 )

理屈抜きで

f0076534_0274835.jpg前に誰かの紹介で読んだのだけど理屈抜きで「おもしろい」。
独房に鍵を掛けられれば、脱獄など出来ないと考えてしまうが、
監視が厳しくなる中、4回も脱獄を重ねた囚人の実話です。
工具などなくても、身の回りのなんでもないものを
脱獄のための工具に変身せさる脱獄囚の執念には感心してしまう。
また、看守の見張りも、巧みな心理作戦で潜り抜けてしまう。
自分に掛けられた手錠をはずすのに、毎日出される味噌汁の
塩分で少しづつ溶かしたというのは有名な話。
面白くて読むのが止まらなくなってしまった本です。
[PR]
by nonojiji2002 | 2006-04-04 23:42 |