KAKI工房

建築をやるか家具をやるか迷っていた時期があります。

高校生の頃、椎名誠さんの文章を読むのが好きで、
お仲間には挿絵もやっていたイラストレーターの沢野ひとしさんがいます。
その沢野さんが「KAKI工房」という家具メーカーに惚れて
キッチン回りの造作を頼んだ  という文章が確かあった様に記憶しています。
  「KAKI工房」って
そんな  があったせいで数年後、本屋さんでKAKIの本を見つけた時に
早速飛びついてしまいました。
小さい頃から緑の少ない下町だけで育ったので富山の山奥 粟巣野の自然と
柿谷誠さんの作った家具、純子さんのパッチワークキルトの組み合わせは
とても輝いて見えました。
f0076534_23325381.jpgf0076534_2333771.jpg









 



材料となる木は柔らかく、木目が細かくて美しいシベリア産の紅松を使っているそうです。
紅松と言っても最初から赤い訳ではなく、最初はクリーム色のような白木。
時間を経て、黄土色、飴色へと変化していくのです。(全部受け売りですけど…)
値は少々張るようですが家具は木が育った年数と同じ年数、最低3世代は使えるものを。
と言う考えがあるだけに3か4で割ってしまえば安いはずです。
最近KAKIのHPがある事を知りましたが
お二人とも既にお亡くなりになられた事が窺え、非常に残念です。

十数年前KAKIの家具を紹介する都内の小さなギャラリーで
生前の柿谷誠さんにお会いしたことがあります。
本の中とは少し違い、後ろ髪を束ねていましたが
口ひげですぐに柿谷さんだとわかりました。
妙にドキドキして、勇気を振り絞っても二言三言の会話しか出来ませんでした。
f0076534_23322128.jpgf0076534_23345440.jpg
  












あれからだいぶ時間が経ちましたが憧れてばかりでまだ行った事がないので、
今年辺り次世代で元気な粟巣野に行って見たいと思います。

KAKI CABINETMAKER 〒930-1451富山県富山市粟巣野
TEL 076-482-1326  FAX 076-481-1627 月曜定休
http://www.kaki-jp.com/   
f0076534_2135364.jpg

本を3冊紹介します。
カキの手仕事―家具とキルトの粟巣野の四季/ 柿谷誠、柿谷純子 著
                                  /情報センター出版局
KAKIのウッドワーキング/柿谷誠 著/情報センター出版局
マザーズキルト―パッチワークキルトと木の家具と/ 柿谷誠、柿谷純子 著/雄鶏社
[PR]
by nonojiji2002 | 2006-02-26 23:49 | 家具or建具
<< 追い込み ペーパーホルダー >>